Booking-by.Net 留学相談室に寄せられた皆様のお問い合わせから、留学に役に立つトピックをまとめてみました。月報形式で掲載します。当たり前のようですが、なかなか考えが及ばない、ツボを突きます。

月報1 学校の選び方
月報2 学校の選び方
月報3 宿泊先 ホームステイ
月報5 宿泊先 賃貸物件
月報6 スペインの学生ビザと滞在許可
月報7 スペインで長期留学
 

留学相談室 月報4 宿泊先 アパートシェア(ピソ・コンパルティード)

Booking-by.Netの留学相談室には毎日たくさんのお問い合わせメールをいただきます。留学の成功を左右するとも言える宿泊先の快適度。海外生活を始める最初こそ心配とトラブルの少ない宿泊先を確保したいもの。しかしながら現実は厳しい一面もあり・・・、想像を膨らめるのではなく、それぞれの宿泊タイプを現実をしっかり捕らえることが必要です。
 

ホームステイかアパートシェアか?>ご自身のライフスタイルて選んでください。


前回はホームステイをご紹介しましたから今回はアパートシェアの長所と短所を研究してみましょう。
留学生の滞在スタイルで一番多いのがこの形態となります留学生の滞在スタイルで一番多いのがこの形態となります。

 

日本風に言えば、3LDKや4LDKのマンションを部屋数の人数でシェアします。キッチン、バス、リビングが住人の共有空間となります。その都市によっても若干住環境は違ってくるものの、学生向けの安価な宿泊先ということで、物件的には古い部屋数の多い非常にベーシックな物件が多いです。よって備品も経済的なスタンダードです。快適さを求めてしまうと、がっかりします。賃貸物件の内容は常に料金に比例します。

アパートの内部を紹介してみましょう。

お部屋は標準的にベッド、机、椅子、ライト、ワードローブが付いています。スペインの建築の場合、必ずしも外窓が付いているとは限りません。タオルは持参、ベッドリネンは付いているケースが多いですが、かなりくたびれているものが多いです。枕やシーツでちゃんとした質のものが欲しい場合は現地で自己調達なさったほうが快適に眠ることが出来ます。

キッチンには調理の出来る器具、食器がついてます。調味料、食材、洗剤などの消耗品は全て自己負担です。  和食器はありませんからお箸など欲しい場合は持参すると良いでしょう。洗濯機、冷蔵庫、調理用のコンロ、湯沸し機、程度が付きます。電気ポット、トースター、コーヒーメーカー、オーブン、電子レンジはラッキーなら付いている備品。洗濯機の利用は回数が定められているわけではありませんが、週一回まとめて洗うような感じになります。毎日回すと電気・水道代が跳ね上がり追加請求が来る場合があります。光熱費は学校手配の物件を利用する場合は含まれている学校がほとんどです。プロパンガスを使っている物件の場合は住人で折半して購入することがあります。
バスルームは物件に1つないし2つ。住人でシェアします。バスルームにはトイレ、洗面台、シャワーユニットまたはバスタブが付きます。ドライヤーなどの気の利いたものはついていません。必要なものは海外電圧対応のものを持参します。バスタブが付いていても、給湯設備によっては、バスタブ入浴は不可能な場合が多いです。毎日一回簡単なシャワーを浴びる程度の使用です。(光熱費に含まれるのもこの程度の使用量)給湯タンクの湯に限りがある場合、住人の分の湯を全て一人で消費してしまうと当然顰蹙を買います。蛇口をひねれば際限なくお湯が出てくる日本とは違うため、給湯システムの使い方が分からず、機械の故障を起こしたり、さらにその修理になかなか来てもらえなかったり、結構ストレスの元になる分野です。まずその家のシステム利用方法をしっかり理解できるまで聞いた上で使用してください。

リビングにはソファー、テーブルやTV、棚などが付いています。共有空間は私物を散らかさないように、また住人にも散らかされないようにお互いにマナーを徹底するのが良いです。友人の連れ込みやパーティなどについても、住人同士がしっかりルールを守って暮らす必要がありま す。

共有空間は契約によって学校手配のクリーナーが掃除に訪れ共有空間は契約によって学校手配のクリーナーが掃除に訪れる場合と自分たちで掃除をする場合があります。若いヨーロッパの学生さんの中には信じられない位、いい加減な子も居ますから、使ったものをすぐ片付ける、片付けさせること。シェアメイトとの人間関係も軽視できないポイント。夜行性の若年層のライフスタイルにひっかきまわされたくないという場合は登録の時点からコメントを出して下さい。18-20代の学生さんたちと30代の学生さんが同居となるとやはりぶつかる点は出てきます。お互いの不満ははっきり口に出さないと理解し合えません。「以心伝心」や「常識でしょ!」は通用しません。

 

こんなアパートシェアの良い点は、同居人が同じ年代で門限も無く気楽なこと。学校手配のものはシェアメイトは同じ学校の学生さんとなるか、または若いスペイン人のオーナーが学校と契約をして空き部屋を提供するようなタイプとなります。

料金に関しては、学校、地域によっても大きな差が出ます。マドリード、Barcelonaは割高、沿岸部のリゾートも高め、安いのはサラマンカのような学生都市です。学校は総じて個人手配に比較して高めに料金設定しています。理由は、光熱費込み、物件管理、クレーム対応、サポートの費用も含まれているからです。学校手配の場合は学校に言えば、誰かが飛んで来てトラブルを解決してくれてOKですが、個人手配の場合は家主との交渉やトラブル解決、故障の際の修理などすべて家主に連絡をして指示を仰ぎ、自分で手配しなければなりません。その違いだと考えてください。自己手配に切り替えて料金の安さに驚き、安易にこれまで学校にぼったくられたと考えるのは間違えです。自己手配の場合は苦労も含めたお値段です。

 

最近では学校の中でもアパートシェアにランクを設けて、ハイクオリティ物件を手配してくれる学校も出てきています。快適さを求める場合は、少しエクストラを支払っても条件の良い物件を要求するべきです。質を重視する場合は当然料金が上がります。

 

通常、我々代理店では出来るだけ、お客様である学生さんに条件の良い宿泊先を手配してもらえるように色々リクエストを出しています。

アパートシェアに関しては、喫煙について、同姓同士のシェアなどのリクエストとなります。


代理店を通すと、立場上個人のお客様より希望は聞き入れてもらえます。このあたりも代理店を利用するプラス点です。現地でトラブルがあったり不満がある場合は絶対に我慢せず、速やかに代理店又は学校に連絡を取って下さい。


留学コンサルタント 伊藤 千恵 留学プラニングはBooking-by.Netにお任せください。豊富な専門知識から、完全個別対応でモデルプラン、お見積もりいたします。

最終更新  2013/03/12 [15:05]
BBNについて 語学学校図鑑 留学手続き お申し込み 現地情報
E-mail 個別留学相談: spain@booking-by.net
Tel: +34 95 221 4998
ご質問は営業日(月-金 10:00-19:30 CET)24時間以内にご回答しております。
返信が無い場合はご面倒でも再度ご連絡をお願い致します。
www.booking-by.net
スペイン留学 イギリス留学 アイルランド留学 Nevern House シニア留学 コスタデルソルステイ
© 1998-2013 Booking-by.Net