■スペインに生活するということ■

留学生活のなかでは、言語学習だけでなく、現地の社会に溶け込みその社会生活を体験できるという大きな楽しさがあります。こうした経験を通じて学んだものはそれから後の人生にとって、とても大きな価値を持ってくるものです。ところが語学研修生の生活は、語学学校や大学の関係者などの外国人コミュニティの中にとどまる場合が多く、特にスペイン語でのコミュニケーションに困難を感じる初級者の場合、スペインの一般社会へのアクセスを持つのは難しいことです。語学学校の外に世界に人間関係を広げて行くにはどうしたらよいか?

ネットワークを築く、そして外に出よう!

最近はFacebookなどで、近隣に住む日本人、学校のお友達などをきっかけに、新しい出会いを築くことは比較的簡単になりました。でも実際のおつきあいとなると、やっぱり自分自身が外に出て行って、Face to Faceの人間関係を作っていかないとなりません。国籍・文化にこだわらず、積極的に広く、人間付き合いをする。その中で外国語でコミュニケーションが取れる喜びとその有意義さを感じられるでしょう。

趣味の世界から、日本人として発信できるもの

スペインでも日本文化に造詣を持っているスペイン人はたくさんいます。地域のそうしたサークルやグループに参加し、日本人としてスペイン人と一緒に日本文化にかかわる活動ができます。自分が文化の発信拠点となり、あなたの視点から日本の「今」を発信してあげれば、とても喜ばれるでしょう。大きな文化交流に発展する可能性もおおいにあります。

自分をしっかり持つ

付き合いの中で、常に「自分」を持ち続けるというのは大切なことです。YES/NOがはっきり表現できる。周囲に流されない。社会人として住んでいる社会になにかしらの貢献ができるように、じっくりと自分を見つめ、「個」を確立できる時間がもつ。それはしがらみの多い日本ではなかなかできないことだと思います。自分に出来ることを見つけてください。

私はこのコスタ・デル・ソルで10年以上にわたり、日本人のサークルCosta Amigosを運営しています。スペインに来る留学生の皆さんだけでなく、この地に移住した日本人のみなさんと長年にわたってお付き合いしてきました。そのなかで感じるのは、どなたにとっても、自らの意思で海外滞在をする時間というのは、人生の中でもそんなに頻繁に持てるチャンスではありません。だからこそ、滞在の目的にかかわらず、その時間を100%(またはそれ以上に)楽しんでいただきたいと思います。学生という枠にとらわれず、どんどん現地の社会に踏み込んで行ってみてください。

マラガ県は日本人居住者数約250人程度、日本人コミュニティは小さな限られたものです。年に4回報告を兼ねながら次のような会報を発行しています。こんな生活もある、そんな例として、ぜひご覧になってみてください。

伊藤 千恵

 

コスタ・アミーゴス会報 リンク
Costa Amigos会報 No.42 Costa Amigos 2011年夏号
Costa Amigos会報 No.41 Costa Amigos 2011年春号
Costa Amigos会報 No.40
Costa Amigos 2011年冬号
Costa Amigos会報 No.39
Costa Amigos 2010年秋号

 

スペイン滞在中または滞在した、みなさん、あなたのスペインページ(ブログ)にリンクします。リンクを送ってください。
スペイン好きですか?
セニョールT http://ameblo.jp/osamu29/
Dakota Cafe
Dakota 陶芸家 http://dakotacafe.blogspot.com/
濃野平オフィシャルHP
日本人闘牛士 http://www.tairanono.com/main.htm
薄井義
洋画家 http://usuiyoshi.biroudo.jp/
最終更新  2013/03/12 [15:04]
BBNについて 語学学校図鑑 留学手続き お申し込み 現地情報
E-mail 個別留学相談: spain@booking-by.net
Tel: +34 95 221 4998
ご質問は営業日(月-金 10:00-19:30 CET)24時間以内にご回答しております。
返信が無い場合はご面倒でも再度ご連絡をお願い致します。
www.booking-by.net
スペイン留学 イギリス留学 アイルランド留学 Nevern House シニア留学 コスタデルソルステイ
© 1998-2013 Booking-by.Net