宿泊物件のリスト物件Puebla Lucia物件Stella Maris不動産売買サポート

不動産売買のサポートいたします

コスタデルソル ロングステイ 宿泊物件

当社ではコスタデルソル、ジブラルタルエリアの不動産取引を日本語でサポートできます。スペイン移住に先立ち、居住するための物件を購入したい、移住後売却したい、賃貸に出したい、不動産投資に興味がある等、駐在のために物件を探したい等、不動産取引にかかわる各種ご相談にのります。
日本人の移住生活を長年サポートしてきた豊富な経験と現地の専門家のネットワークを駆使して、様々な方面にわたるアドバイスをご提供可能です。成功する不動産投資を!

スペイン 不動産市場 現況
スペインは今もなお、経済危機の真っただ中です。2007年以降の不動産バブル崩壊から、この国の経済・社会は暗い雲が立ち込めています。若年層の失業率が50%以上、実に危機的な状況です。
ただこれが、比較的経済状況に余裕のある人々に影響を与えているのかどうか?コスタデルソルをリタイア後の生活の地として選んだ日本人の居住者にとって年金に支えられた安定した経済力があるわけですし、実際の経済危機の影響というのは日常そんなに感じるようなものではありません。悲壮感も不思議なほどに感じませんし、ラテン気質の楽観主義で救われているのかもしれません。逆に生活物価が下がったり、不況のベネフィットもあるように思います。
近年大きく下落した不動産価格は賃料にも反映されてきており、賃貸物件を探す方にとってはほどほどの金額でかなり条件の良い物件を探すことができます。
購入に関しては、外国人勢、たとえばロシア人・アラブ人の需要に支えられているMarbellaの不動産は堅調さを取り戻しつつあり、コスタの他エリアでも外国人需要の高い特定物件はそれなりの価格を保持しています。一方で住宅ローンが破たんして不良債権化した物件がバーゲン価格でマーケットに出てきているのも現実です。

買うべきか借りるべきか?
このような地合いのなかで、よい物件を見つけるためには、まず勉強です。様々なソースから、多角的に情報を収集して、焦らず、よく現地調査をしたうえで決断することです。

スペインの今後の社会情勢がどのように振れるか、不況脱出にはまだまだ時間を要すると思います。この間なにがあるか?これは誰にもわかりません。そうした不確実性リスクがある一方で、だからこそ今が「面白い」投資という考え方もあります。実際、今買っている投資家もいます。ただし自己資金がなければお気軽に動けない状況ですし、素人がどこまで行けるか?それなりの経験が求められる状況だと思います。

先日TVでマドリード近郊のゴーストタウンの映像が流れていましたが、殺伐とした光景でした。さすがにコスタデルソルではあの規模の破たんは目にしません。外国人需要の続くかぎり、不況のコスタデルソルにも将来はあるような気がします。