コスタデルソルはこんなところコスタデルソルの街紹介コスタデルソルからの旅行

Costa del Sol コスタ・デル・ソル(太陽海岸)はこんなところ

コスタデルソル ロングステイ 宿泊物件

南スペイン、アンダルシアの地中海沿岸部、アルメリアからジブラルタルに至る、約300キロの海岸線をコスタデルソルと呼びます。地中海性気候に恵まれた穏やかな気象条件と快適な生活環境は世界でも有数のバカンス地です。ヨーロッパ人のセカンドホーム地としても人気があります。コスタデルソルの中心都市マラガには国際空港があり、ヨーロッパ各地からフライトが入っているため、日本からはヨーロッパ経由でのアクセスが可能です。また、近年ではマドリードから高速電車AVEも開通して、スペイン国内の移動も便利になりました。

コスタデルソルの観光開発の背景

コスタデルソル ロングステイ 宿泊物件

1960年代後半、コスタ・デル・ソルの観光開発は、マラガ市の西12Kmほどに位置する漁村トレモリーノスから始まりました。それまで、細々と漁で生計を立てていた村は、次々に建てられた大きなホテルや、ディスコ、レストラン、カフェテリア、お土産物屋などによりがらりとその表情を変えました。コスタ・デル・ソルの人々に共通する愛情深く、人なつっこい、オープンな性格も、産業基盤の転換に大貢献し、ヨーロッパ随一のリゾート地として70年代のはじめには、世界的にすっかり有名になりました。

その後、開発の波は西進し、ベナルマデナ、フエンヒローラ、マルベージャへ、2002年のヨーロッパ通貨統合をにらんでの不動産ブームも加担し、その先のエステポーナ以西へと止まることなく続きました。少し遅れて始まったマラガ市の東側の開発の波は、リンコン・デ・ラ・ビクトリア、ベレスマラガへ、さらにはヨーロッパのバルコニーと呼ばれる美しいビーチ、鍾乳洞で有名なネルハを通り越し、県境を越え、コスタ・トロピカルと称される、グラナダ県の海岸地帯を取り込みながら拡張を続けました。しかし2008年のスペイン不動産バブル崩壊でコスタデルソルの物件価格もぐっと落ち込み、経済不況真っ只中の2012-2013年は更に市況の悪化が見込まれます。円高を背景に日本人にとっては購入にしても賃貸にしても面白い時期に来ています。一般物件は下落が著しいですが、外国人需要の高い沿岸部のプライムローケーション物件はロシア人・北欧人マーケットに支えられ比較的堅調です。安易に購入に走らず入念な調査と視察をした上で検討すると失敗が少ないでしょう。

コスタデルソルは、開発以来40年間、夏のビーチだけではなく、冬場の温暖な気候にも注目した、英国、北欧、ドイツなどからの移住者、長期滞在者を数多く受け入れてきました。92年のEC内の居住制限撤廃によりこの動向はさらに加速され、南米、北アフリカからの移住者も混ざり合い、コスタ全体にコスモポリタンな雰囲気を作り出しています。

コスタデルソルの交通網

コスタデルソル ロングステイ 宿泊物件

コスタの中でも特に、フエンヒローラ〜ベナルマデナ〜トレモリーノス〜マラガ間は、スペイン国営鉄道(RENFE)C1近郊線でも結ばれており、便利な地域といえるでしょう。マラガ中央駅(Malaga Maria Zambrano)から、アンダルシア各地はもとより、マドリッド、バレンシア、バルセローナ方面へ直通の長距離列車もあります。近年ではマラガ−マドリッド間のAVEが開通し、所要時間が従来の4時間から約2時間半と大幅に短縮されました。

ECの資金援助により整備された自動車専用道がコスタを東西に貫通しているので、アンダルシア各地へのアクセスも非常に恵まれており、そのおかげで長距離バス路線は大変充実しています。また、レンタカーを使えば、行動半径はぐんと広がります。

マラガ国際空港はコスタデルソルのほぼ中央に位置し、自動車専用道路、鉄道近郊線がアクセスしています。ヨーロッパの主要都市からは、定期便が乗り入れ、夏の最盛期にはマドリッドに次ぐスペイン第二の発着便数を数えることもあります。コスタデルソルを基点に、ヨーロッパ各地へのアクセスにも恵まれています。

コスタデルソルの食生活

コスタデルソル ロングステイ 宿泊物件

もともと漁が生活の中心であったこの地域では、豊富な魚介類が味わえます。アンダルシア地方は農業が盛んなため、野菜や果物を中心に据えた健康食として世界的にも注目を集めている「地中海式ダイエット」です。安くて高品質のオリーブオイル、にんにく、レモンが、調味料の基本となっています。パエリア(Paella)やビーチで食べるイワシの炭焼き(Espeto de Sardinas)などはこのあたりの代表的なスペイン食です。日本人の好みにも合いやすい味といえるでしょう。さらには外国人居住者が持ち込んだ、各国の料理を提供するレストランも色々と揃っていて近年はその質も味もぐっと高くなってきました。ローカルの気軽な店からミシュラン★レストランまでセレクションは豊富でグルメライフを満喫することが出来ます。自炊ベースで家食が好きな方にとっても、近隣の生鮮市場に出かけて鮮魚を仕入れ、スーパーで安くて美味しいスペインワインを品定めして眺めのいいバルコニーで食卓を囲むのも幸せなひと時です。